知って得する生活習慣病戻るTOP

生活習慣病とは体重コントロールの原則食事療法の原則
運動療法の原則禁煙のすすめ生活習慣に関連した病気
肥満糖尿病高血圧症高脂血症

高血圧症

高血圧症とはどんな病気?

 WHOの診断基準では、収縮期血圧が140mmHg以上かつ拡張期血圧90mmHgのいずれかがこの値を上回った場合に高血圧症とされています。

 高血圧症は医師が日常診療する上で、最も多い生活習慣病ともいえます。
高血圧症でも遺伝的素因と環境因子の2つが大きく関与した、本態性高血圧症と他の病気が原因で起こる二次性高血圧症とがあります。

 本態性高血圧症は、全高血圧症の90%を占め、環境因子が関与することより、生活習慣の改善で発症予防したり改善したりすることができます。(一般的にただ高血圧症と言った場合は本態性高血圧症を指します)

高血圧症になるとどこが怖いのでしょうか?

 全身の血管に動脈硬化が起こり、血管障害に関連した種々の病気が起こることになります。

 脳血管障害:脳出血、くも膜下出血、脳血栓、脳梗塞
 心血管障害:狭心症、心筋梗塞、心不全
 腎血管障害:腎硬化症

どうすれば発症しにくくなるのでしょうか?

 塩分の取りすぎ、肥満、アルコール多飲、ストレス、運動不足などに注意しましょう。

減塩の工夫

日本人の平均塩分摂取量は1日約13gで現在増加傾向にあります。健康な人でも1日約10g程度にしましょう。すでに高血圧の認められる人は7−8gまでとしましょう。

食塩の代わりに酢、レモン、香辛料(カレー、唐辛子)、香味料(山椒、にんにく、しその葉、みょうが)などを利用しましょう。

だし割りしょうゆ、減塩しょうゆを利用しましょう。

カリウム、カルシュウムには血圧低下作用があります。

カリウムを多く含む食品

牛乳(低脂肪乳)、野菜(ほうれん草、春菊、ブロッコリー)、果物(アボガド、バナナ、キウイフルーツ)、豆類(大豆、枝豆、そら豆)


カルシュウムを多く含む食品

牛乳(低脂肪乳)、チーズ、わかさぎ、あゆ、ししゃも、野菜(小松菜、かぶの葉、ちんげん菜)、豆類(木綿豆腐、生揚げ、がんもどき)、海藻

  体重コントロールの原則
  食事療法の原則
  運動療法の原則
  禁煙のすすめ   も見てください