知って得する生活習慣病戻るTOP

生活習慣病とは体重コントロールの原則食事療法の原則
運動療法の原則禁煙のすすめ生活習慣に関連した病気
肥満糖尿病高血圧症高脂血症

肥満

 肥満とは単に体重が重い(過体重)ことではなく、脂肪が必要以上に蓄積された状態をいいます。食事など、摂取するカロリーが消費するカロリーより多いと肥満になります。
 肥満は、多くの生活習慣病の温床となり糖尿病、高血圧症、高脂血症、心臓病、高尿酸血症、ガンなどが発症しやすくなります。

体格の判定

 近年標準体重や、肥満度を出すときにBMI(ボディ マス インデックス)という体格指数が用いられています。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

判定基準  肥満 :25以上
        ふつう:18.5以上―25未満
        やせ :18.5未満

標準体重の求め方

  標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

肥満度の求め方

  肥満度(%)=(実測体重−標準体重)÷標準体重×100

肥満の分類(同じ肥満でも......)

 脂肪が内臓により多く蓄積する、内臓脂肪型肥満と呼ばれる肥満は皮下に脂肪が多くなる皮下脂肪型肥満より生活習慣病になりやすいと言われています。

 豆知識 

内臓脂肪型肥満と上半身肥満、りんご型肥満は同じ意味です。
皮下脂肪型肥満と下半身肥満、洋梨型肥満は同じ意味です。

肥満を予防、治療するには

 標準体重を維持するか標準体重に近づけるようにしましょう。
   必要以上に、食べない
   腹8分目
 栄養バランスに注意する。
   動物性脂肪の取り過ぎの人が多くなっています。
   緑黄色野菜や食物繊維ビタミン、ミネラルなどを多く摂取しましょう。
 誤った摂取パターンの是正
   朝食をしっかり食べましょう。
   一日3回の食事時間を守りましょう。
   夕食のボリュームを下げましょう。
   どか食いムラ食いはやめましょう。

  食事療法の原則
  運動療法の原則   も見てください