高齢者の健康を守るために
戻るTOP


 筋肉の変化 筋力は加齢とともに弱くなり、とっさの動き(瞬発力)もスタミナ(持久力)も老化によって低下していきます。
 関節の変化 骨や軟骨がすり減ったり、骨のトゲ(骨棘)ができ、痛み、腫れ、運動障害を起こすようになります。このような変化は、体重がかかる膝、股関節にもっとも多く発生します。
 骨の中の変化 カルシウム、タンパク、リンの量が減少してくることで骨がもろくなります。骨粗鬆症はその代表的な病気で、高齢者、特に閉経後の女性に多く、背骨や大腿骨などの骨折が起こりやすくなります。

★骨がもろくなるのを防ごう!
 カルシウム、良質なタンパク質、ビタミンDなどを多く含んだ食事をとることが必要です。日光浴や適度な運動も、骨を強くするのに役立ちます。

★関節に負担をかけないために!
 階段の手すりやステッキを利用しましょう。太りすぎも要注意です。入浴や関節を温め血行を促進します。また、筋肉を鍛えることで、関節の変形を防ぐことができます。無理をしない程度にトライしてみてください。

 物事を考える力 計算する能力や新しい物事を覚えたり理解する力は、年とともに衰えをみせてきます。しかし、古いことに関しては、その記憶や総合的な判断力は、高齢になっても低下することはなく、さらに芸術的なセンスも、加齢による変化はないといわれています。
 心の変化 加齢とともに、病気や老後の生活などに対する不安を感じ、抑うつ状態になる方が増えてきます。性格的には、疑い深くなったり、頑固になったりする方もいますが、逆に、いつもニコニコ円熟した性格に変わっていく方も見られます。
 高齢者の場合、ある程度の物忘れや、性格の変化は、多くの人にみられる自然の変化と考えられます。しかし、アルツハイマー型痴呆のように高度なボケ症状が進行することもあり、このような場合は、家族とともに暮らすことが困難な状況になることもあります。

物忘れと認知症(痴呆)は別のもの

 年をとると、だれでも忘れっぽくなります。物事を少々忘れたからといって、「ボケたのではないか」と思い悩む必要はありません。
 それに対して認知症は病気です。脳血管性とアルツハイマー型に大別されます。
 脳血管性はある程度の予防と治療が可能ですが、アルツハイマー型は原因が分からず、治療法も確立されていません。両者ともにボケ症状がひどくなり、家族と暮らすことが困難になる場合もあります。
 単なる物忘れなのか?それとも認知症なのか?認知症としたら原因は?治療の方法はあるか?などを、かかりつけ医とよく相談しましょう。


戻るTOP